尾瀬 紅葉 2016 ハイキングコース


  1. こんにちは〜

先日少し早いですが尾瀬にハイキングに行って参りました!

スポンサードリンク



ハイキングというか最近ではトレッキングというかって感じです

けど。

しかし気持ち良かったですね〜。

img_4802

尾瀬のハイキングコースは色々あるのですが、

ゆっくり季節を感じたり、無理をしないハイキングなら

鳩待峠からの平坦な道がお薦めです。

因みにマップはこんな感じです。

img_4801

小さいですが、左下の鳩待峠からスタートします。

しかし尾瀬はこの時期マイカーで鳩待峠まで行く事はできま

せん。

尾瀬戸倉第一駐車場という所から、バスが出ているので

みんなで乗って行く感じになります。

因みに料金は片道930円します。

高いと感じると思いますが、尾瀬の自然は貴重なので

それを維持する為に少し協力する気持ちで払いましょう。

もちろん帰りもバスで帰るので料金は930×2=1860円

バスに揺られる事40分鳩待峠の入口にたどり着きます。

一度スタートすると中々トイレがないので、ここでしておき

ましょう。トイレの入口には箱の用の物があって

100円入れて下さいと書いてます。

強制で有料ではないのですが、

年間で30万人

入り口にはこんな感じで靴の底の汚れを落とすものがありま

す。

img_4820

外の世界からの物を入れて欲しくないとの事なので、

ちゃんと一度靴の底をゴシゴシと擦り合わせましょう。

それではスタート!!

img_4834

尾瀬といえばこの道ですね。

木でできた道をひたすら歩く感じです!

いいですね〜

歩いていて思ったのが普段中々これだけ誰もいない真っ直ぐ

な道ってないな〜って思いましたね。

そうすると心がスーッとなるのを感じました。

いわゆる心の洗濯ってやつですね。

空気もうまいし、なんか嫌な事もどうでもよくなりました。

尾瀬は気をつけないといけない事があります。

まず尾瀬のものは何も持って帰ってはいけないという事

中でも綺麗な姿をして起きながら猛毒の花には要注意!

img_4821

この真ん中にる紫の花です!

これはトリカブトという花で猛毒です。

あとは湿地帯で水が綺麗なので、

ブヨなんかも出ますので、刺されると痛くて

痒くてなんとも言えなくなるので、

長ズボンもしくは短パンの下にスポーツタイツを

履いて行くといいでしょう。

性能は様々ですが、なんでもよければ楽天とかで

MIZUNO製のやつで3000円〜5000円くらいで売ってます。

私が行ったのは9月15日でしたが、あまり天候がよろしくな

く雨が降ったり止んだりだったので、カッパやリュックにつ

けるカッパもあると便利です。

やはり山の天気は変わりやすいですね。

尾瀬はハイキングだからといってナメてると酷い目に合うの

で、できれば登山に行くっていう気持ちで行くのが理想だと

思います。

標高も意外と高く1500mの位置にあります。

なので尾瀬と東京では気温が10℃くらい違います。

家を出るときになんか暖かいから大丈夫でしょーって思って

軽装で行くと風邪を引くので要注意です。

スポンサードリンク



 

あとは意外と知られていないのが熊がが出るという事

熊よけの鈴なんかも売店で販売してるので、

気になる方は一応買った方がいいかも。

運がよければ鹿さんも登場するらしいですよ。

 

これからの季節 尾瀬は紅葉がピークになります。

9月15日の段階ではまだ草紅葉が始まりだしたぐらいでし

た。

  • img_4835

薄っすらと草が色を変えているのがわかります。

しかし10月の中旬にでもなれば山から草まで

あたり一面が紅葉で姿を変えるので、

さぞかし綺麗な事でしょう。

湿地帯の中や川の中には色々な魚が居ます。

img_4840

見れますかね?

これは木の道の横の湿地帯を撮影したのですが、

イワナかな?小魚がたくさん!!

ドンドン進んで歩いて行くのもいいですが、

たまに色んな所に目をやると違う姿が見られるので

是非やってみて下さい。

撮影できませんでしたが、イモリとサンショウウオも

みました。

私は往復で約6時間

朝の9時半から歩いて3時半に鳩待峠に戻ってきました。

かなり疲れましたが、いい思い出になりました。

因みに帰りはバスの時間に間に合わなくても、

人数が揃えば動くという乗り合いのタクシーというか

乗り合いのバンみたいのがあるので、

特別時間を気にしなくても大丈夫です。

紅葉を見に行くなら是非一度尾瀬に行ってみて下さい。

スポンサードリンク



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る