アイスクライミング 長野 料金など


こんにちは〜

冬といえばこたつでゆっくり寝ていたいですが

たまには外で遊びなさい。

スポンサードリンク



今日は冬の遊びで面白いものを発見したので

紹介します。

スキーやスノーボードは代表的な遊びですが、

冬の遊びはそれ以外にもあります。

雪山登山や雪山の中でのキャンプなど、

過酷ですよね。

それよりさらに過酷なそんなMの方向けのスポーツ

を発見しました。

それはアイスクライミングです!

場所は長野県は八ヶ岳の赤岳鉱泉です。

料金はなんとワンシーズン1000円

つまりはその時期に一度1000円払えば

どれだけ行っても無料です。


この場所は日本の真ん中の南アルプスの山脈の中

なのでいつ行っても基本寒いです。

冬場は基本気温がプラスにはいきません。

昼間でもマイナス10度くらいですね。

アイスクライミングをやるにあたって必要な

道具などはある程度貸してくれます。


ピッケル。

これをやまの凍った部分に突き刺して

上に登っていきます。

かなりの腕力が必要ですね。


アイゼン

これを登山靴の下に装着してピッケル同様に

凍った部分に突き刺して上に登ります。

正直このアイスクライミングは素人がやると

全然登れない事が結構あるので、

もしもチャレンジしたいと思いましたら。

しっかりと体を作ってから行った方がいいですね。

スポンサードリンク



ちなみにクライミングの近くに宿泊施設もあります。

行者小屋という所なのですが


料金は一泊二食付きで9000円です。

ちなみにここの料金は美味いです。

それでもやっぱりアウトドアといえばテントでしょ!

というそこのあなた1000円で泊まることができます。

テントの集団が集まると本当に幻想的ですよね。

まぁでも幻想的とは裏腹に超絶寒いですけどね。

こんな時に間違えて夏用のシュラフなんかでいったら

確実に死にますので、

しっかりと冬用のマイナス30度でも耐えられる

シュラフにしましょう。

八ヶ岳は寒いし死者も出てます。

基本的に山や自然を舐めてかかるのだけは

やめましょう。

余談ですが、世界最高峰の山エベレストは

夜になるとマイナス40度近く行くとの事なので

基本的に持っていった服は全部きます。

それでも寒いですけど。

それでは今日はこの辺で。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る